FC2ブログ

続・36歳で乳がん発覚、からの新しい人生~乳がんママ日記~

乳がん発覚。でも手術、放射線治療後に結婚・妊娠・出産できました。妊娠を優先したため、抗がん剤治療は未実施。現在はホルモン療法中です。そんな私の乳がん発覚後からの新しい人生について綴っております。当ブログはリンクフリーです。

当ブログに初めて来られた方へ。自己紹介と私の想いです(平成29年5月21日記載)。


はじめまして。

当ブログ、
「続・36歳で乳がん発覚、からの新しい人生~乳がんママ日記~」
に、ご訪問くださりまして、誠にありがとうございます。

このページがトップページに来るように設定しております。ご了承ください。
一度読まれた方は、次の記事からが最新の記事になりますので、そちらからお読みください。
(カテゴリーを細分化しました。ぜひカテゴリーからもご覧頂けますと幸いです。)

当ブログは、
平成28年2月7日に開設しました。
(この記事は平成29年5月21日に書いております。)

元々は、
ライブドアブログで平成27年10月28日から始めていたのですが、上記の日からFC2ブログに移転してきました。

ブログを始めようと思ったきっかけは、「北斗晶」さんの告白がきっかけでした。

私は「乳がん」と告知されたときに、病院で気を失いました。
もう途方に暮れており、今後のことを全く考えられない状況でした。
やはり頭をよぎるのは、「死ぬかもしれない」、ただそれだけでした。

そんな私でしたが、
病院の先生や看護師さん、
職場の上司や先輩、同僚、
近くにいた友達、
実家にいる家族や遠くにいる兄妹、
お付き合いしていた今の夫、
から勇気と元気をもらいました。

また体験記本や病気についての本、乳がんのブログからも知識をいただき、勇気と希望をもらいました。

そんな私が自分自身の体験や経験、感じたことを少しでも同じような境遇の方にお伝えすることで「少しでも役に立ちたい!」と思い、その時「北斗晶」さんの告白もあり、そこで勇気を頂き、決意し、ブログを開設することにしました。

そして今になります。

私の状況ですが、乳がんと診断され「乳房部分切除術」を行い、退院後は外来通院にて「放射線治療」をしました。
そのあと、「抗がん剤治療」を行う予定でしたが、「抗がん剤治療」を行わずに、妊娠・出産しました。
結局、その後は「抗がん剤治療」は行わず、今は「ホルモン療法」のみで経過をみている状態です。

主治医の先生からは「抗がん剤治療」をずいぶんと勧められましたが、自分の年齢を考えると妊よう性(主治医の先生から抗がん剤治療を行うと年齢のこともあり、「そのまま閉経する可能性が高い」と言われました)の問題もあり、たくさん悩みましたが、「こどもが欲しい」という気持ちが大きく、抗がん剤治療よりも妊娠を優先する決断をしました。最終的には主治医の先生からも許可・応援を頂くことが出来ました。
その後結婚しまして、無事に妊娠・出産できました。
現在息子が2歳半になります。

私も今のところ、局所再発や転移などがない状態で経過していますが、乳がんの手術からまだ丸4年しか経過していません。
今後、決して遠隔転移や再発がないわけではありません。日々、その恐怖と戦っています。
でも後悔はしていません。その恐怖心も息子の顔を見ると、すっと忘れてしまうときもあります。
色々とつらいことがたくさんありましたが、家族で前を向いて、上を向いて歩いています。

これから何があるか、どのような症状をたどっていくか、全くわかりませんが、
・少しでも皆さんのお役に立てるように、
・家族の記憶と記録として、
・私自身の記憶と記録として、
このブログを書き続けていこうと思っております。

これからも日々、一生懸命、育児に家事に闘病に、頑張っていきますp(*^-^*)q

以下、私の自己紹介になります。読んでもらえますと幸いです。

【自己紹介】
名前:乳がんママ

年齢:今年で41歳になります。

病名
①左乳腺は浸潤性乳管癌(充実腺管癌)
②右乳腺は乳腺症+乳管内乳頭腫(右乳房の腫瘍はがん細胞ではありませんでした)。

乳がん発覚から今までの流れ
4年2か月前に「しこり」を発見、左乳がんといわれる。
・その2か月後、「左乳房部分切除術」を受ける。
・1か月近いの入院生活。
・その後、1ヶ月間外来での「放射線治療」。
・結婚し、妊活のため「抗がん剤治療」を延期、妊活を始める。
・「抗がん剤治療」を行うことが大前提であったが、どうしても子供が欲しくて延期。主治医の先生からもかなり勧められるも「受けないなら2年以内に妊娠、出産してください」と言われる。最終的には主治医の先生は「ご家族の判断だから」ということで納得、応援してくれる。
・妊活開始、半年後に幸いにして妊娠。無事、出産。
・結局、その後「抗がん剤」治療は行わず、ホルモン療法のため3か月に1度、定期検査のため半年に1度、乳腺外科を受診中。
・一昨年、東北地方から埼玉県に引っ越し。
・今に至る。

私のがん細胞のタイプ:がん組織の病理診断結果になります。
①大きさ:2.6㎝
②リンパ節転移:-
③ホルモン受容体:ER(エストロゲン受容体)、PgR(プロゲステロン受容体)、共に陽性
④HER2:陰性
⑤Ki-67:18%
⑥核グレード分類:grade3
⑦組織学的異型度:gradeⅢ
※主治医からはハッキリ言われてはないのですが、おそらく「ルミナルBライク(HER2陰性)」が私のサブタイプになります。
(④に書いてあるKi-67(がんの増殖能力を表す腫瘍マーカーのこと)が18%と中等度であること、⑥、⑦の「がん細胞のたちの悪さ」を示す値が高い(数字が大きいほどたちが悪い。1~3まで)こと、から)。
以上が私の自己紹介になります。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

これからもめいいぱい、くよくよせずに頑張っていきたいと思います((∩^Д^∩))

ちなみにこちらはパパが書いた息子の絵になります。
なかなか似てますよ~
↓ ↓ ↓
20151112_104624 (786x800)

お手数おかけしますが、最後「ポチッ」とお願い致します。
↓ ↓ ↓



人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

 初めて当ブログへ来られた方へ

 自己紹介 抗がん剤未実施 育児 新しい人生

9 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/06 (Tue) 17:16 | REPLY |   

sukunahikona  

No title

こんばんは
病気で苦しむ人達の希望になってくださいね

2017/07/13 (Thu) 22:06 | REPLY |   

乳がんママ  

sukunahikonaさま

ご訪問並びにコメントありがとうございます。

私自身が元気でいることで、皆さんの元気につながってくれればいいなぁと思っています。
まだまだ闘病生活長いですが、これからも頑張っていきたいと思います。

これからも宜しくお願い致します。

2017/07/13 (Thu) 22:35 | REPLY |   

PetitCedre  

比企丘陵でフランス語

こんにちは、ご訪問ありがとうございました。
闘病がんばってくださいね。代替療法に関心があり、ブログ2016/11/11と11/18日でがん治療の例を紹介しています。フランスでの治療例です。記事中のアルファリポ酸とヒドロキシクエン酸の併用は、銀座東京クリニックのブログでも紹介されてます。何か参考になるといいですね。

2017/09/23 (Sat) 09:28 | REPLY |   

乳がんママ  

PetitCedreさま

こちらこそ、ご訪問頂きましてありがとうございます。
またコメントもありがとうございました。
闘病生活も4年になりました。
これからも頑張っていきます。
またがん治療の記事も拝読させて頂きます。
これからも宜しくお願い致します。

2017/09/24 (Sun) 18:30 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/25 (Mon) 21:51 | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/12/11 (Mon) 09:27 | REPLY |   

NОRIの日々の日記  

こんばんは、初めまして
自分も約4年前43の時に稀な癌になってしまいステージ4Bの余命も余り無い
末期癌でした
けれど奇跡的に国の臨床試験に参加する事ができ
癌で有名な国立病院もびっくりする位の回復力で今現在元気で過ごしています
私事ですみません<(_ _)>
また訪問させて頂きます。

2018/04/28 (Sat) 21:34 | REPLY |   

乳がんママ  

NОRIの日々の日記さま

こんにちわ。はじめまして。
ご訪問並びにコメントありがとうございます。

お体が回復された、とのことで本当にそのようなお話をお聞きしますと、
私も色々と元気がもらえました。

こちらこそ、ご訪問させて頂きますね。
今後とも何卒宜しくお願い致します。

2018/04/29 (Sun) 17:31 | REPLY |   

Leave a comment