FC2ブログ

続・36歳で乳がん発覚、からの新しい人生~乳がんママ日記~

乳がん発覚。でも手術、放射線治療後に結婚・妊娠・出産できました。妊娠を優先したため、抗がん剤治療は未実施。現在はホルモン療法中です。そんな私の乳がん発覚後からの新しい人生について綴っております。当ブログはリンクフリーです。

Top Page › Category - ピンクリボンについて
2017-09-03 (Sun)

来月はピンクリボン月間。

いつもご訪問頂き、ありがとうございます。お手数おかけしますが、何卒「ポチッ」とお願い致します。↓ ↓ ↓人気ブログランキングにほんブログ村今日の埼玉ですが、午前中は涼しく、散歩日和。。。ところが午後からはそこそこ暑くなり、、、さすがに散歩には少し不向きな気候でした。ところで、今日はパパが息子を連れて、ちょっと自転車での散歩も兼ねて、ちょっと遠めのホームセンターへ。するとこのようなポスターが掲示されて...

… 続きを読む

こんばんは * by ST Rocker
乳がんママさん
こんばんは。
いつもありがとうございます。
僕も、6年前に重い大腸がんが発覚し、その後治療を乗り越え、頑張ってきました。
一緒に乗り越えましょう。
僕の実家もさいたまです。姉が一人で暮らしています。今日も行ってきました。
気候が安定しないので、ぜひ気を付けてくださいね。

ST Rockerさま * by 乳がんママ
こんばんわ。

いつもご訪問ありがとうございます。

ST Rockerさまも大病を患ってらっしゃられていたのですね。
私もまだまだ闘病中です。

お互いに頑張っていきましょうね!!!

実家がさいたまなんですね。
私は東北出身で、埼玉にきて2年半くらいになります。

なかなか気候になれませんが、
少しずつ秋らしくなり、過ごしやすくなってきました。

ST Rockerさまもお体ご自愛くださいね。
またのご訪問、お待ちしております。
ありがとうございました。

Comment-close▲

2016-10-16 (Sun)

10月第3日曜日は?

おはようございます。朝晩がかなり寒い日になりましたね~体調不良にはお気を付け下さい(体調不良中の私が言えた立場ではないのですが・・・)。ところで、本日、10月第3日曜日は、「乳がん検査を受けられる日曜日」です。そのことについての過去記事です。10月は「ピンクリボン月間」です。インターネットで調べてみると、色々なところで催し物があるようですね。私が注目したのはこちら。「10月16日の日曜日は、乳がん検査を受け...

… 続きを読む

2016-10-12 (Wed)

過去記事:10月はピンクリボン月間

こんばんわ。今度の日曜日は、「乳がん検査を受けられる日曜日」です。そのことについての過去記事です。10月は「ピンクリボン月間」です。インターネットで調べてみると、色々なところで催し物があるようですね。私が注目したのはこちら。「10月16日の日曜日は、乳がん検査を受けられる日曜日」だそうです。全国の医療機関と認定NPO法人J.POSHが協力して毎年10月第3日曜日に乳がん検診マンモグラフィー検査を受診できる環境づくり...

… 続きを読む

2016-10-06 (Thu)

10月はピンクリボン月間。

こんばんわ。もう10月というのに今日の関東地方も暑い1日でしたね。洗濯物は乾きましたが、暑くて心がカラカラになりました。もう少し秋らしくなってほしいですね。。。ところで遅くなりましたが、10月は「ピンクリボン月間」です。ちなみに「パパ」の誕生日もありますが、、、インターネットで調べてみると、色々なところで催し物があるようですね。私が注目したのはこちら。「10月16日の日曜日は、乳がん検査を受けられる日曜日...

… 続きを読む

自己検診はどう思いますか? * by じゅん
乳がんは早期発見すれば治る確率は高くなる、本当にその通りだと思います。定期的な画像診断は必要だと思います。検査と検査の間も、自分でしこりがないか触ってみるのは良いことだと思います。
ちなみに私の母は触ってて発見しました。

最近、ある有名医師が、アメリカで乳がんの自己検診について試験をしたら無意味だったと結論が出た、と書いていました。詳しくはわかりません。自己検診をしてもしなくても生存率には変わらないという意味かも知れません。
ただ、その時に書いてあった「がんじゃない人の針生検を無駄に増やす」という記述に?と思いました。確かに針生検をした人の3/4はガンではなく、自己検診で受診者が増えれば、針生検→セーフの人の人数は増え、検査待ちのドキドキの人も増えます。
ただ、最近針生検をしないが故の見落とし、発見の遅れなどが問題になっています。
ですから、見落としが少なくなる方が、良性ドキドキの人が増えるより、ずっと大事じゃないですか?命がかかってるのですから。また早く発見すればするほど命の問題だけでなく、治療は軽く済み、若い方の妊娠出産も可能になってきます。
おそらくアメリカの試験はそういう生活のクオリティまで考慮されてないでしょう。
少なくとも、自己検診というちゃんとしたものでなくとも、自分の胸に関心を持つことは必要です。しこりの有無以外に、乳頭からの出血はないか、左右の乳房の大きさに違いはないか、の観察を時々するのがいいと思います。スピードのあるがんは数ヶ月で変化します。画像診断と自己検診、両輪ですね。

放置療法と対決する優秀な有名医師でも、100パーセント正しいことを言ってるとは限りませんね。一方、放置療法の医師でも1〜2パーセントくらいはまともなことを言ってるかも知れません(低いか?)

コメントありがとうございます。 * by 乳がんママ
じゅんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

私も自己検診で発見しました。
でも、それなりに大きくなった状態でした。
どうしても素人ですので、精度は悪くなるかも知れませんが、自身の経験を振り返るとやはり必要だと思います。

医療費の問題がよく取り上げられますが、「備えあれば憂いなし」で、何もなければ安心できますし、何かあれば早期に対応して頂けると思います。

じゅんさんのおっしゃられるとおりだと私も思っております。

Comment-close▲